矯正歯科や歯科治療で歯並び改善!歯列矯正マニュアル

toothbrush

何故早いうちなのか

Female

磨きにくい歯列は、虫歯菌の好むプラークを見逃す恐れがあります。きちんと歯を磨かいないと子供で銀歯の数が増えてしまいます。永久歯はいちど虫歯になると、治療を何度も繰り返し存命させなければいけません。成人をする頃には神経もボロボロで、歯を抜歯しなければいけなくなります。そうなる前にやっておきたいことは、子供でも手入れがしやすい整理された歯並びにすることです。そのためには、矯正歯科へ通う必要があるため、子供の歯並びが悪い場合はぜひ見当しましょう。

子供のうちから矯正歯科を受診するメリットとして、成長期だからこその自然な仕上がりがで期待出来ることです。顎や骨が成長段階にあると、それを利用した矯正歯科が可能になります。また、顎の成長を見ながら進められるので、理想的な歯並びに仕上げることができます。2つ目のメリットは、矯正のための抜歯が不要であること。永久歯に生え変わると、動かすためのスペースを作ることから始めるため、健康な歯を抜歯することになります。子供の骨がまだ永久歯でない時が矯正歯科のチャンスになるため、顎を広げながらの非抜歯矯正が可能になります。3つ目のメリットは、やはり治療期間が成人に比べ早いことでしょう。乳歯が永久歯に全入れ替えになると、動かす期間が長引く恐れあがります。そのため、早めに治療を終えたい時は、成長期段階にいる子供のうちからブランケットを使う本格的な治療をしていきます。もちろん、器具を使った矯正治療における期間を最短にすることも出来るので、子供の負担も軽減されるでしょう。